製品情報

ポット溶解炉

ポット溶解炉 あらゆる生産状況にフレキシブルに対応できる溶解炉を目指して 

溶解ポット

  • ポット内の圧力、火炎、排気流を最適に制御し、短時間で効率よく溶解します。
  • 中間蓋設置による溶解スペース増設、リターン材、インゴット材の同時溶解等、ユーザーの使用材料に適したポット設計を行います。
  • 溶解後は、溶湯を移し替えることなくポットをフォークリフトなどで搬送し、手許炉へ供給できます。
  • 溶解室に余剰空気が少なく、酸化物発生を抑制し、メンテナンス性に優れています。
  • 高熱負荷に耐えうる高性能耐火材を使用しており、十分な耐久性をもっています。

集中溶解炉システムとの比較

  • 溶解〜配湯までの一連の流れで、材料投入を備えた「ポット溶解炉」、「手許炉」の2つの個別装置のみ必要。
  • 必要な時に必要な量を短時間で効率よく溶解し、素早く手許炉に供給できる。
  • 複数のポットを設置することで、異種合金の溶解が可能。
  • 複数台設置することで、生産状況に応じて溶解量の調整が可能で、エネルギーロスの低減だけでなく、新規ダイカストマシン導入や、新工場建設の際の投資リスク低減になる。
  • 危険作業(湯抜きタップ作業)が不要で、安全に操業が可能。
  • 溶解〜配湯までの一連の流れで「集中溶解炉」、「取鍋等の搬送装置」、「手許炉」と3つの個別装置が必要。
  • 夜間、休日等の非稼動時の溶湯保持にかかるエネルギーロスが大きい。
  • 異種合金溶解が不可能。
  • ダイカストマシン増設時、全ての計画台数に対応できる容量の炉の設置が必要で、計画更新時、大きなロスを生む。
  • 危険作業(湯抜きタップ作業)が必要で、湯漏れの危険が伴う。

ポット溶解炉導入例

ユーザーのあらゆる生産状況に合わせたポット数で生産ラインを構築できます。

仕様・能力

ポット容量 アルミ350kg/ポット
溶解バーナー 熱交換機バーナー(250,000kcal/hr)
溶解能力 350kg/hr
LPG原単位 0.035Nm3/kg
材種 2種対応