かつらで最も重要なことは、自分の髪のように自然に見えることです!そこで、不自然なウィッグの見分け方と、自然に見えるウィッグのつけ方をご紹介します。 今回は、初心者でも不自然なウィッグを見分けやすいように、3つのポイントに着目してご紹介します。特に、フルウィッグ、前髪ウィッグ、ネックラインウィッグについて解説しています。 自然なウィッグのつけ方をマスターして、ウィッグでファッションを楽しみましょう! ウィッグ初心者でもわかるウィッグが不自然にみえる3つのポイント 初心者でも簡単に不自然にみえるウィッグを見分けることができるポイントが3つあります。この3つに注意してウィッグを選ぶことで失敗することは格段に減りますよ。 1.つむじが不自然!毛量が多くてつむじが見えない…毛植えが規則的すぎる… 意識をして人のつむじを見ることはあまりないので、気にしなくていいと思ってしまいますが、バレやすい部分のひとつです。つむじはパッと見で違和感があると感じやすいようです。毛が詰まっていてつむじが無いように見えるものをつけていたらすぐにばれます。 フルウィッグや前髪ウィッグにはつむじの部分があります。このつむじ部分が不自然だとウィッグだとバレやすいので注意です。つむじ部分が詰まっていなくて、程良く不規則な毛植えであることが自然なウィッグの条件です。 毛量が多すぎてつまっているウィッグは不自然です。鏡でじぶんのつむじを見るとわかりやすいのですが、自毛だと立ち上がり気味に生えているので、毛の根元は詰まってなくて地肌が見えているところもあります。こういう部分を再現できているつむじがオススメです。 つむじ部分の毛植えが規則的すぎるものは不自然です。これも鏡で自分のつむじを見ればわかりますが、実際は毛流れが同一方向でなはく、整列して生えているわけではありません。わざと不規則な毛植えが施されているつむじ部分が自然です。 もし買ったウィッグのつむじが不自然だったら、帽子をかぶるなどのつむじを隠すヘアスタイルしか楽しめません。このことを知っているプリシラは、生え際が自然だからつむじが気にならない自然なつむじのウィッグを生産しています。 2.ウィッグの毛部分であるファイバーがテカっていて毛が固くキシキシしてると不自然 ウィッグの毛の部分はファイバー(化学繊維)でできています。そのせいで特有の光沢がでやすくなっています。この光沢がテカテカとしていると人形の毛のようで不自然です。人毛のように程良い艶を再現しつつも、テカリがおさえられているファイバーでできていればとても自然に見えます。 ウィッグに慣れている方は艶が気になると、適度にウィッグの艶を消すためにベビーパウダーをはたいたり、制汗スプレーを吹きかけたり、ヘアワックスを多くつけたりといった工夫をしています。 毛質も重要です。太くてキシキシした人形のような毛では、ウィッグだとバレてしまいます。毛が太いとなびくこともなく毛流れも悪くなってしまいます。 キシキシして流れないような毛質の場合は、柔軟剤に付け置くことでサラサラに仕上げることもできます。 プリシラでは『新ファイバー』として、独自に開発したこだわり抜いたファイバーを使用したウィッグを展開しています。 ファイバーの表面に凹凸加工を施すことで、光沢を軽減するような工夫をし、まるで人毛のような細さで柔らかく肌触りの良いキシキシ感の少ない毛質になっています。 3.自毛とウィッグの境目がはっきりしていると不自然 自毛とウィッグの境目がくっきり出ていて段差があると不自然にみえてしまいます。前髪ウィッグやハーフウィッグなどの部分ウィッグは、自毛との境目のみえ方に注意しましょう。ハーフウィッグであれば、自毛との境目になる部分の毛植えがしっかりされていないと、キャップ部分が露出していたりすることもあります。 自然にみえるように作られた前髪ウィッグは、境目になる部分が浮きにくくなるように作られています。 プリシラの前髪ウィッグは、サイドが浮きにくく丸みのあるデザインなのでなじみやすくできています。 プリシラでは、前髪ウィッグと自毛との境目を解消できる『つむじあり前髪』を展開しています。つむじ部分が付いているので境目ができてしまう心配がいりません。 ハーフウィッグでも境目を解消できる優れ物の『ウィッグ ミディアム』を展開しています。ハーフウィッグなのに前髪とつむじ部分が付いているので境目が気になりません。しかも自毛の前髪となじませることができるのでより自然に仕上がります。 また、プリシラの男性用ウィッグは、もみ上げ部分に針金が入っているので自身の顔周りの形に沿わせることができ、浮かないように工夫されています。